20070925

日本二大しげる

しげるさん その1
土曜日はお台場でTOYOTAのレーシングカーと音楽のコラボイベントというものに出演してきました。
今年はトヨタモータースポーツ50周年という事で、歴代の名車がズラリ。

という事で、車大好き伊藤俊吾は終始浮き足立っておりました。
普段楽屋から滅多に出ない彼が、出てったきりなかなか戻って来なかったから。
かなりアクティブにイベントを堪能してました。
なんせ参加した全車種との2ショット写真を撮らされましたから。(2ショットだけで40枚近く撮った)
しまいにはF1のシートにも座ってた!
しかし良い顔してたわ〜。
と言いつつオレも車は好きなので、特等席で生のレーシングカーの迫力に圧倒されてきた。
コレは

ほんの一部です。

隅々まで

チェックして

乗っちゃいました。


あとなんと言っても、俺たちと同様音楽のゲストで登場した松崎しげるさんにやられました。
いきなりトヨタ2000GTのオープンカーに乗って登場。
「ウオーっ生シゲルマツザキだ〜」て思わず笑うけど、でもマジカッチョエー!
この登場が絵になる人なんて一握りだよ。
そして当然「愛のメモリー」!!
とぶくすり世代のオレにはかなりキツいんだけど、でもでも本物の生「愛のメモリー」はマジカッチョエー!
ヒット曲ってやっぱりスゴい!1コーラス終ったらお客さんが全員思わず拍手したから。
もう数えきれない程歌っただろうけど、その日も磨き抜かれた歌声を全力で聴かせて頂いて、ハートにグッと来るものがありました。
まさに迫力に圧倒された。

しげるさん その2
日曜日は「Root is One〜歌うギタリスト達の宴〜」を観に渋谷duoへ。
青山陽一×鈴木茂×堂島孝平という組み合わせ。
オレの期待と興奮からか、鈴木茂祭的な感じに見えるくらい、茂さんのプレイをそりゃもうたっぷり堪能出来るライブだった!
全く持ち味の違う青山陽一さんのギターもクールで素敵だった。
アツいんだけどクールっていうね。
この2世代に挟まれて堂々とセンターで場を盛り上げる堂島君はさすがだった。
恐縮してるようでしてないと言うか、堂々としていて安心する。
ソロは弾けないと言いつつも、山下達郎さんライクな堂島君のカッティングはミュージシャンの間でも定評があって、この日もシャキシャキ切れまくっていた。

しかし茂さんはホント茂さんの音を出す!
ビンテージのコンプのラックとかがアンプ脇に立てかけてあったし、終演後にこっそり足下を見に行ったら、謎のエフェクターがいっぱいあった。
それらの機材ももちろん一役買ってるんだろうけどもー、でも実際は一番重要なのはやっぱり手元のニュアンスなんだろうな〜。
そういえば『日曜日の夜』でギターソロを弾いてもらったときも、後藤が使ってたアンプのつまみをいっさいいじらずに、自分のギターをただ繋いだだけで、完全に鈴木茂サウンドになってた。

そして決して饒舌ではない茂さんが、ソロではどんどんアツくなって行って完全に自分の世界に入って行くのはホント涙でそうだった!
いや〜美味しすぎるライブでした。

終了後、KHB木村さんとモリヨシキにバッタリ。
飯食いに行こうと言う流れになるが、木村さんは試合があるからと帰って行った。
文章だとすごくカッコいい断り文句だが、テレビ観戦だ。
「一緒に行っても全く楽しめない」と自信満々で言ってくれたので、断られる方としてもまったく気持ちがいい。
というわけでモリくんと二人でしっぽりと。


帰りはやはり『BAND WAGON』を聴いて帰るのでした。

5 Comments:

At 9/25/2007 10:23 PM, Anonymous 侍ハニー said...

佐々木さん、カメラマンお疲れ様です!笑
それにしても伊藤さんいい笑顔してますね。
テンション高いだろうなとは思ってましたが、それほどまでに…笑
生で見たかったですねぇ~笑
ライブにも参加できなくて残念でした。
早くキンモクセイのみなさんに逢いたいです♪

 
At 9/25/2007 11:44 PM, Anonymous ビ~ルおいしいね said...

伊藤さん楽しそうですね!覗き込む姿が『ワクワク』も伝えてくれそう・・・。きっと、すーっごく楽しかったんでしょうね!良かった良かった♪えっ~と、毎度よくわからない者ですが『シャキシャキ』ですか・・・ちょいと気になり考えたりしましたけど『感覚』という事で捉えればよろしいでしょうか?!ギター弾けないけど読む限り何となく"アツ~く”感じます(たぶん)。考えると難しいですね!

 
At 9/26/2007 7:25 AM, Anonymous Anonymous said...

おはようございます。またまた写真たくさん嬉しいですわぁ。ホンの一部だそうですが、イトシュンさんの車好き好きオーラと、それがいかんなく味わえる綺麗な写真、堪能しましたよ♪さすが良くんですね。
Wしげるで男子のロマンが凝縮された2日間だったのかな。カッコいいものは時代や世代に関係なく人々を魅了するって事でしょうか?鈴木さんの機材は独特で凄いって記事を以前どこかのキンモクインタビュー拝見しましたが、本当にそうなんですね(^^)。

 
At 9/26/2007 7:27 AM, Anonymous melody said...

1つ上の書き込み、名前書き忘れましたが自分です。ごめんなさい(滝汗)

 
At 9/26/2007 8:35 PM, Anonymous けもけもこ said...

お疲れ様で~す。

私も、土曜日日曜日と「日本二大しげる」を堪能させていただきました。

特に日曜日は3人が、すっごくきらめいていて、眩しかったですね。キラキラだったなぁ。中でも美しいほどだった鈴木茂さん。生は初めてで、どうしてもそばで聞きたくて、前の方に行っちゃいましたが、ホントにカッコよかった!興奮状態になって、しびれて聴いてましたよ~。生茂さんを聴けたこと自体もそうだし、ご本人をサイドに、今をトキメク堂島孝平さんが歌っているっていう状況もすごくじ~んと来ましたね。

そして、思ったこと。はっぴいえんどや、茂さんは私にとっては、ちゃんと聞くきっかけはキンモクセイ経由だったりするわけで。だから、もしこのきらめくステージにキンモクセイが立っていたら、どれほどの感動だったんだろうって。そういうステージ、見てみたいなぁ~。

 

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home