20061020

宣告

 以前ETCを取り付けに行った時に各所を点検してもらった結果、ブレーキパットがギリギリだと。保ってあと1,000kmと宣告された。それ過ぎたら知らないよと。あの世行っちゃう世と。どうりで、ブレーキ踏むと古いママチャリみたいにキーキー言うと思った世。
 と言いつつ、友人であるスーパーエンジニアKKの、宣告と同時にすでに部品を発注済みというニクい段取りにより、本日車の「命綱」であるブレーキパッドを交換してきました〜!ビビりの俺は宣告されて家に帰ってから、再び取り付けに舞い戻るまでの数日、1mmたりとも走りませんでした。

 そして古いブレーキパッドを外してみてビックリ。薄っ!発掘された奈良時代の何かみたい。そして新品と比べてさらにびっくり。黒い何か。まるで発掘された奈良時代の何かを復元した何かみたい。これが俺の命を握ってるのか。しかしこうしてみると古いヤツがいかに減ってた事がわかる。どんだけ止まろうとしたんだよ俺は。いやいや恐ろしいですね。
 持ってるのはKK。働く男の手です。古いブレーキパッドは、走って来たばかりでかなり熱くなってたんだけど、彼は余裕で持ってます。彼がいなければ、俺の車はとっくの昔に廃車になっていたでしょう。ありがとうKK!今日お金払い忘れたけどありがと〜う!

7 Comments:

At 10/20/2006 1:45 AM, Anonymous ハチ said...

ブレーキパッド薄すぎです!!!点検してもらってよかったですね(*´д`)=3
古いママチャリって表現うますぎですww

良クン、ビビりなんですか!?無茶はしなそうな感じはしてましたが…

でもまぁ、廃車にならなくてよかったですね!!!

これからはビビらず走りまくってください☆

 
At 10/20/2006 9:46 AM, Anonymous 明美 said...

薄かったですね~

あのブレーキパッドはまずかったですよ。
交換して良かったです。

某ディーラーで仕事していた頃、ちょっとの異音に気づき来社されるお客様多かったですが、良君はあまり気にしない方ですか^^。

友達のメカニックさんの手、まさに”働く男の手”。かっこいいです。
これからも愛車のメンテナンス、まめにしてもらって下さい。

 
At 10/20/2006 10:55 AM, Anonymous melody said...

払い忘れ…(A^-^; 良くんらしいと言うよりも良い方なんでしょうネ、お友達のKKさんて。
車載部品て単なるセンサーの1個に至るまで全てが『人命に直接関わるもの』と言うコンセプトの元に厳しく設計されていますが、何せ車ってのは重い発熱体の塊みたいなもので、中の消耗が激しいのは無理もありません。ホントお友達の段取りの良さに感謝、ですね(^^)。

でも、新品に交換するまで全然走らないって徹底してますね!ドライバーが皆さん良くんくらい慎重な人ばっかりだったら、普段ノホホンとその辺を歩いているような自分も危ない目に遭わずに済むのになー(苦笑)

 
At 10/20/2006 4:06 PM, Anonymous ビ~ルおいしいね said...

『うすいなぁ~。』と思います。丁度、良かったですね!自分の愛車の古いママチャリは毎日、頑張っていますよ~!残念ながらETCは、ついていませ~ん!   

 
At 10/21/2006 12:49 AM, Blogger ãƒªãƒ§ã‚¦ said...

あんまり薄い薄いと言われると、ギクッとする年齢にさしかかってるけど、まだ何とか大丈夫です。

 
At 10/21/2006 1:46 AM, Anonymous ぴょそ said...

うちも先日交換いたしました。
彼が自分で交換するので、作業費がかからなくて良いんですがね。そろそろタイヤも変えないとっ。車の維持って結構大変ですよね。ETC最近つけました!便利です。ゲートを通るときかなりドキドキ「開くか??」ってので。
初くぐり楽しみにしています。

リョウさん「薄い」大丈夫ですよっ。2323(フサフサ)じゃないですかぁー。

 
At 10/21/2006 10:53 PM, Anonymous むーにゃ said...

うわお。
みなさん車に詳しい方なんですね。

兄が昔乗ってた86(最近の車はさっぱりでさぁ←江戸っ子風)レビンのブレーキもキーキー言ってました。止まるたびに「横に自転車着いてんで!」とからかってましたが、本当に早く取り替えてよかったです。

メンテナンスはしっかりと。
…うちの車は大丈夫なのかなあ…←買ってから一度も自分で掃除したことのないようなうちの主人です←すでに6年(^^;)

 

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home