20060729

やっぱココ♥だな。

 26日、ツアーグッズの打ち合わせで三軒茶屋ドライブミュージックへ。途中で後藤がウシ子を連れて応援に来た。女性スタッフ軍団に凄い歓迎を受ける。ウシ子がね。ミニチュアダックスってだけでこの人気!ひとしきり遊び終わると、椅子に置いてあった俺の帽子をソ〜っと床に落として寝床確保。
 ライブを観にいく予定があったので、方針だけ決めて夕方には会社を出た。後藤がどういう風の吹き回しか青山まで送ってくれるというので、駐車場へと向かう途中でウシ子にぴったりのテーブル発見!先を歩く後藤とウシ子を呼び戻してわざわざ撮影。

 後藤の気まぐれ大サービスによりラクチンで『青山月見ル君想フ』へ。ゲントウキイトケンがサポートで参加しているソフテロと、偶然対バンで、ついにみる機会がやってきたChesterCopperpotが今日のお目当て。
 ここはロフトっぽい構造になっており、ライブハウスながら2階席体験が出来るのだ!今日はそのステージを見下ろせる席を始めてゲット出来た。すると、『連絡を取らなくても月イチくらいで必ずどこかのライブハウスで会うワッフルズ武田君』登場。武田君が来た事で、席をキープしつつ、下のバーカウンターにビールを買いに行くことが出来る。しかしこの席ステージが丸見えだ。足下のエフェクターまでバッチリ見える。武田君とあのスイッチはアレなんじゃないかとかアーでもないコーでもない話をする。俺が出演者側だったら、絶対に知り合いには座ってほしくない席だ。この前、友達の結婚式に行ったとき、音楽の話をいっさいしない2日間を過ごして凄く開放的な気分になったけど、細かい説明や段取り無しに色んな事が通じるバンドマン同士の会話ってのもやっぱり楽しい。

 ソフテロは予想に反し、ロックバンドでした。イトケンの足下にロシア製のBIG MUFFがセッティングされてたんでもしやとは思いましたが。石川君のユルいキャラとのギャップも良くて、非常にストレートに向かってくる感じが個人的なブームにピッタリ!ドラムは『連絡を取らなくても月イチくらいで必ずどこかのライブハウスで会うex.サザンハリケーン森君』でした。今月は既に3度目くらいなんだけど、何となくあやふやな関係だったので、この日正式にそして正確にお互いを認識。なんか波が合う気が勝手にします。気を使わない。
 しかしイトケンベース上手いね。カッコいい。ま、本人に言わせれば色々あるんだろうけどね。ちなみに言い草がだいぶ上から目線になってるけど気持ちは常に謙虚です。

 で、ChesterCopperpot。相模原で結成されたピアノトリオバンド。音源と噂はかねがね聞いてたものの、ベースのユウが高校生くらいの時にやってたバンド以降知らないので、こっちとしても緊張します。前のバンドが終わって期待して待ってると、何しろセッティングがおっせぇ〜。ようやく出て来たと思ったらカバン背負ったままトコトコ歩いて来てよっこいしょ、って座ってゆ〜っくりセッティング。マイペースにも程がある。これはもうショーの一部なのか?と思うと楽しくなって来て武田君とハマる。

 そんなこんなでようやく始まった彼らのライブにはガツンとやられてしまったんですけどね。あっさりと。こんなに音のデカイバンドは久しぶりにみたな〜。デカイって言うのは、アンプのボリュームってワケじゃなくて、生演奏のパワーね。生身の部分のデカさ。メリハリがあってグッとくるものがありました。
 で、一番ツボだったのは、撤収が早かったこと。テキパキ出来るじゃん!って言うね。で、例のごとくユウにはアポ無しだったので、楽屋でジャーン!と登場して喜ぶ俺はおっさんかい!

 やっぱり最近細かい事より、気持ち的な部分に興味があるな。迫ってくるのは気持ちとかテンションが先で、テクニックとかはその奥にあるにこした事はないって言う感じです。

 帰りはイトケン森君石川君青山のちょ〜っとシャレたバーでなぜかカレーを食う。

 翌27日は、文化放送新社屋前でフリーライブ。55年の歴史に幕を下ろした旧社屋はまさに時が止まってるようで、古いもん好きのキンモクセイにはたまらない建物でした。メジャーデビュー前からレギュラー番組をやらせてもらったり、全国ネットの生番組をやらせてもらったり、思い出深い建物です。あの古い機材たちは一体どうなったんだろう。なんかくれないかな〜。
 18時の本番前に、新社屋を案内してもらいました。旧社屋のイメージから、それにしても大げさだろってくらいに感心して回るキンモクセイ一行。ホントに何処もかしこも新築の匂いで、最新の機材がそろっていて口空きっぱなしですよ。社員の皆さんもどことなく活気がある。そりゃそうですよね。ギャップが激しすぎる。55年ですから。
 
 ライブはそんなお世話になった文化放送の門出を祝うべくドカーンとやりました。PAの人もどんどん音量上げてったんじゃないかな〜。やってる方としてもリハよりだいぶ音圧を感じたもんね。司会をかってでてくれた文化放送の清水さんの前説と、集まってくれたお客さんの協力により出てった時からアツい空気で、テンションも上がりました。ありがとう。

3 Comments:

At 7/29/2006 9:14 PM, Anonymous 明美 said...

良君お疲れ様です!

ウシ子ちゃん、いつ見ても可愛いですねぇ。
良君が勢力的に出かけるライブレポ、毎回楽しく読ませてもらっていますよ。
浜松町ライブ行けなかったので、写真まで載せてくれて嬉しいです。
明日の千葉は行きます。なんてったって地元ですからぁ(笑)。楽しみにしてます。

 
At 7/30/2006 1:10 AM, Anonymous うっちゃん said...

本当に大満足のライブでした。
ああいうちょっとしたスペースでのライブもいいですね。
つくづく想いました。
ありがとうございました。

 
At 7/30/2006 2:14 AM, Anonymous melody said...

おっさんとは(笑)いやーバンド談義お疲れ様でした!(^^)
ソフテロさん1stアルバム持ってますよ…イトケンさん絡みだったとは彼のBlog拝見するまでまったく気がつかなかったです(不笑)チェスコさんとキンモクさんはきっといつか対バンするだろーなと期待しております(笑)

新社屋ライブは今年のキンモク活動史上に残る印象的なものでした、個人的にですが!熱いライブは大歓迎です。音圧ガンガンでファンとしても誇らしかったです。そして、楽しかった…。

ウシコ嬢は何時か何処かで撫ぜさせて下さいっ!ずるい!!

 

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home