20061116

レリピー

 こんなことでもなけりゃぁ再会する機会もそうないだろうと言うレアな友達と、偶然にも連絡が取れてしまい、お互いの中間地点で待ち合わせて7〜8年ぶりに酒を飲んだ。いや便利な時代だコリャ。
 そいつは小学校から中学校にかけてかなりコアに遊んだ幼なじみ。いつの時代もヤドカリのように入り浸る家があったけど、小学校時代はそいつんち。二人ともマンガを書くのが大好きで、いつも書いてた。トランスフォーマーの超合金で遊んだ。少年ジャンプの「聖闘士星矢」や「ドラゴンボール」のカラーページとか切り抜いて集めた。小学校の卒業式でも二人とも「漫画家になりたい」とか何とか言った。半ズボン時代からの数少ない友達だ。(いや、この再会のおかげで改めてそういうことになったのか)

 そんな彼からの突然の連絡は嬉しかった。今はフリーのモノ書き。しかもキンモクセイをデビュー当時から近からず遠からずのところで見ていたらしく、ニアミスも何度かあったらしい。俺が知ってる彼からは想像もできないが、ホント人生何があるかわからない。
 地元の友達の近況なんかも聞けたんだけど、みんなおおよそ予想外の職種で頑張ってる。ま、小中学校の印象から予想外って言われてもってところはあるけど。そんなコト言ったら、俺なんて予想外の最たるもんだよ、きっと。ホント人生何があるかわかんないよ。

 大雑把にまとめて片付けようってことではなくてね。自分次第でどうとでもなるんだなって、改めて思う。
 こないだショーン・レノンがセカンドアルバムを出したんだけど、ファーストから8年ぶりだそうだ。もうそんなに経ったのか。その間何百って曲を書いたらしいけど、そこから選曲して新作を作ることに興味が無かったとか。ぶっ飛んでるね〜。そしてこの"FRIENDLY FIRE"っていうセカンドアルバムは、「ふたたび公に音楽活動をするのがどんな感じかという実験」なんだって。ま、ここまで破天荒にやれる人ってのは稀だけど、ポリシーに則ってやってる人の人生はカッコいい。そして俺みたいに8年経っても出れば買うって人がいるんだからすごい。


 ゲントウキが第三期に突入した。イトケンと笹井さんが脱退し、潤君の一人ユニットと言う形での最スタート。これもそれぞれのポリシーを貫いた結果だと思う。このメンバーのゲントウキは大好きだったけど、バンドにはそのバンドのメンバーにしかわからないモンが沢山ある。それはわかる。一人一人のミュージシャンとしての活動も楽しみにしたい。

 今まで当たり前だった事を覆すってのは並大抵の覚悟じゃ出来ない。デカイ岩を意地でも転がすくらいの根性がいる。そのかわり勢いづいたら誰にも止められないゼ。
 "FRIENDLY FIRE"良いアルバムだったよ〜。オススメ!

5 Comments:

At 11/16/2006 4:14 AM, Anonymous ハチ said...

祝★再会です(^^)ホント,便利な時代ですよね(*'▽')ノ やっぱいくつになっても笑いあえる友達っていいですね★★
ドラゴンボール,聖闘士星矢はドッチも好きです!!!そうやって良クンの漫画好き(?)は始まったんですね(笑)

「勢いづいたら誰にも止められないゼ。」
ッてことでウチも勢いづいたら止まらないので"FRIENDLY FIRE"聞いてみます♪♪笑

 
At 11/16/2006 7:35 AM, Anonymous melody said...

デカ岩!凄!良くん、転がせましたか?勢いづいている良くん見てみたいなぁ…あわわ嘘ですごめんなさい(>_<)
独りでも続ける強い潤さんには拍手です!バンドから抜けたり、或いはソロでやっていた人がバンド活動始めたり、端的に言うなら「転職した」って事になるんでしょうね。
寂しく感じるファンの方が少なからずいらっしゃる事を考えれば不謹慎かも知れませんが、バンドで作った音楽は残るんですよね…後で当時のアルバム聴いた時に、思い出して涙を流したり…甚だファン的思想ですが、音楽はやっぱり凄いです。

イトシュンが独りキンモクセイとか想像できません。お互いに相手無しでは成立しない形がこれからも続くように、ファンは応援する事しか出来ませんが、どうか頑張って下さいね、キンモクセイさん。

 
At 11/16/2006 2:47 PM, Anonymous むぅ said...

良君はその頑張り&継続で今こうしているんですよ、すごいですよ~。
大きい岩に抱き付いている素敵な写真かと思ったら、そういう話だったんですね。
孫悟空みたくそのまま持ち上げてしまいそうにも見えるし、転がしてしまいそうにも見えます。
そんな強い覚悟、なかなか出来ないなぁ。大した覚悟もなしに物事を決断して、結果的に失敗したという苦い過去を思い出します・・。身につまされます。
ショーンさんのジャケット、お父様に似ているなぁと一瞬思ってしまいました。聴いてみたいです!

 
At 11/16/2006 11:52 PM, Anonymous ビ~ルおいしいね said...

デカイ岩の場所はどこですか?少しばかり夏かしら?と思わせるような写真ですね。でも、とても奥深~い意味ありそうと、まるで転がしてきたかとも見える(これから転がそう)一枚の絵ですね。しかし、Tシャツで寒くないのですか?まぁ~今現在もTシャツ&半ズボンの元気な小学生も居ますしね!  佐々木さんも『若さ』があって素晴らしい。  

 
At 11/17/2006 1:51 AM, Anonymous ミユキ said...

デカイ岩を意地でも転がすくらいの根性

写真と内容がリンクしていたのですね!
そのぐらい大きくて強い覚悟は必要だけど、その先どうなるか・どうするかは自分次第。
本当にそう思います。
今現在、小中学生の頃に思い描いてた自分通りに生きている人はきっととても少ないですよね。
人生何が起こるかわからないからこそ、今を楽しんだり色々なことを頑張ったりできるんだと思います。
ポリシーを貫くのって大事だしカッコイイですよね!

『FRIENDLY FIRE』、私も聴いてみますー!

 

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home