20070723

最後の真実

タイトル重っ!

ちなみに最近読んだ本の副題です。
『ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実』という辞書並みのルックスの分厚い本。
19歳(!)という若さでビートルズのエンジニアになり、多くの革新的なサウンドを生み出したジェフ・エメリック(発音的にはエマリックらしいけど)っていう人が書いた本。
事実、この人が考えだした技が今日のスタンダードになってる事も多くて、エンジニアの地位をグイッと引き上げた一人かもしれない。

そして何より注目したいのが、スタジオ内でのビートルズやプロデューサーのジョージ・マーティンらのやり取り。
ここまで赤裸々に、詳細に、遠慮なく書いてある本もなかったと思う。
活気に満ちた初期のセッション、あれよあれよという間にスターダムに上り詰めて、規律の厳しかったEMIスタジオ(アビーロードスタジオ)にも文句を言わせない存在になっていく過程。
サウンド的には『リボルバー』〜『サージェント・ペパー〜』辺りでピークを迎え、
そして泥沼のホワイトアルバムを経て、原点に立ち返ろうと模索する様子。

今まであらすじや部分部分のエピソードは知ってたけど、これは本当に現場に居合わせたかのような気にさせてくれる。
4人のパーソナリティーも、より人間クサく、リアルに描かれている。
ちなみにジェフが若干ポール贔屓なのはその後の関係性から仕方ないとして、初期のジョージなんかはかわいそうになってくるほど。
やっぱり所詮かれらも20代の若者だったことがわかった。年下だし!

これを読みながら作品を聴き直すと、今まで何度となく聴いたにもかかわらず、新たな音が聴こえて来るから不思議!
リミックスやリマスター版を聴くよりも生々しくて楽しい。
好きな人にはぜひぜひ、ひーぜーでお薦めします。



今日はフラバルスでのハリの活躍を観にクワトロに。
満員のお客さんを前に、太々しいまでの黒田君の存在にやられた。
チューニングの間普通に黙ってんのとかアリなんだ!って思ったり。
そして小野正利ばりのハイトーンボイス!高いね〜。
写真は黒田君のタキシード。
ハリも絶好調で、キンモクセイの曲より叩かれる事の多いであろうシンバルがここぞとばかりに炸裂してた。

帰りは会場であったモリヨシキと、白井と、地元のドラマー佐藤大とお茶して、どうでもいい話を込み入った感じで話して帰りました。


Podcast "キンモクセイの黒バック"第13回がアップされました。かれこれ4日前の事です。

7 Comments:

At 7/23/2007 8:49 AM, Anonymous 好美 said...

良くん♪おはようございます。今日私は、朝から、胃痛に襲われ、会社休みました・・・良くんのおススメ本、探して、のんびり読んで一日過ごそうかな♪と、思っています。私は、良くんが出る、サポートライブしか行った事がないのですが、良くんが、見に行ったり、感想聞くと、一度、行ってみようと、思う気持ちになりました♪本にしてもライブ感想にしても、とても、わかりやすく.書いてあるので、興味が沸きます♪良くんの、感性とても素晴しいと、思います。これからも、良くんから、色々学びたいです♪・・・あと、ダイアリー、更新有難うございます。ホント良くんて、ファンにやさしいですね。ますます、大好きになりました♪♪

 
At 7/23/2007 12:48 PM, Anonymous ゆうちゃん said...

ビートルズ。。
知ってますけど、奥深くは知らないです。
私も、その本読んでみようかな~?

でも読むの時間かかりそう。。。

世間は夏休みに入ってますね。
私の夏休みはお盆です。
その時にあるライブにでも
行こうと思ってます。
一ヶ月ぶりだわ~良くんに会えるの☆
楽しみだわ~。暑いけどがんばってね。

 
At 7/24/2007 12:32 AM, Anonymous ビ~ルおいしいね said...

難しそうな本ですね。やっぱり、音楽に関わる人ってビートルズは登竜門なのでしょうか?昔、大好きだったギタリストがビートルズが好きで影響されたとか・・・。言っていたので。(失礼があったらごめんなさい)そうそう、黒田さんは気になる存在で、なぁーんかカッコイイ!声も!でも~ぉ、お茶なのが少し残念・・・。せめて『軽めな一杯』と言う訳にはいかなかったのかしら?本当にお茶だったの?!(麦茶、緑茶、ウーロン茶)     

 
At 7/24/2007 12:45 AM, Anonymous うさぎ said...

ハリのライブ見に行きたかったな~☆いつもよりシンバル多く叩くということは激しいライブなんですね!!一度見に行かないと・・。

 
At 7/24/2007 2:53 PM, Anonymous ハチ said...

こんにちわ~
ウチもその本、読んでみたいです!
今度探してみようと思います!

が!
今、学校の課題図書(笑)がたまりにたまってます(笑)
読めるのはいつになることやら…
とりあえず時間あるときにでも読みたいです♪

新曲のレコーディングも頑張ってくださいね♪

 
At 7/24/2007 10:40 PM, Anonymous むぅ said...

こんばんは。今日も暑かったですね。
良くん読書家ですね~。ビートルズの本、また分厚いです。ホント、好きなんでしょうね。
面白そうです、読んでみたいです!

レコーディングや黒バック等、頑張って下さい☆
良くんに8月のライブで会えるのを楽しみに、頑張ります。

 
At 7/25/2007 11:28 AM, Anonymous melody said...

おぉ、良くんの書籍レビューがやっと来た!"枝"のころから、読んだ本のことをサラッとBlogネタにしている良くんて凄くかっこいいなーと思って、次の機会を密かに楽しみにしておりました。(^^)
今回は、ビートルズの迫真?に迫る回想録?!興味津々です。人間模様無くして名曲名盤は生まれないってことでしょうか?
またの書籍ご紹介をよろしくでーす。

フラバルスワンマン、楽しまれたんですね。私も観たかった…こんなことなら遠征して観ておけば良かったぁ~><

 

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home